マイクロニードルパッチはほうれい線・ゴルゴラインに効果ありか!?

頬がたるんできてできるほうれい線、頬のくぼみにできるゴルゴライン、年齢を重ねた女性がすごく気になるサインですよね。

友人達もとにかくほうれい線の悩みが深いみたいで、「ここどうにかなんないかしら~」と言っています。

そしてみんな美容整形でヒアルロン酸注射をしてもらう勇気もなく、化粧品や美顔器でなんとか、と思っているんです。

あなたもそうではないですか?

だったら手軽に家でも使える、ヒアルロン酸注射と同じヒアルロン酸の針でできたマイクロニードルがほうれい線やゴルゴラインに使えるのか?そして効果があるのか、気になりませんか?

ということで、マイクロニードルパッチの愛用者で、3種類のマイクロニードルを実際に試してみた私が、本当のところをお教えてしたいと思います。

そもそもほうれい線ってどうしてできるの?

ほうれい線ができる仕組みを知っておきましょう。

しわには、小じわや表情ジワなどいろいろなタイプのシワがあります。

そのなかでほうれい線は大きなシワ、大ジワや陥凹ジワと呼ばれていて、文字の通り大きなシワと分類されます。

大きなシワは肌の深い場所=真皮層が乱れてくぼんでいる状態です。

この図では右側がそれで、真皮の部分のコラーゲン繊維とエラスチンが崩れているのがわかると思います。

正常な肌はコラーゲンの繊維の並びが均等に張り巡らされているのですが、この部分が切れたりして均等になっていない状態だと、その表面にある肌が凹んでいきます。

そもそものコラーゲン繊維の崩れの原因はいろいろとあるのですが、主に加齢でコラーゲンやエラスチンは減少します。

また、皮下組織の下、表情筋の萎縮もほうれい線に影響を与えています。長年くせになっている表情がシワを作る原因にもなっています。

さらに、その上にある脂肪組織も影響を与えると言われていて、急激に太ったり痩せたりをなどを繰り返すと、脂肪組織が劣化して、シワになるのです。

また、顔に骨格も大きく関係していて、顔に凹凸の少ないのっぺりとした顔の人はほうれい線が目立ちやすい、目立ちにくい傾向があります。

実は私はこのタイプで、顔がのっぺりとしていて頬骨がでていないので、あまりほうれい線は目立ちません。

しかしのっぺりした顔のせいで、頬のくぼみ、いわゆるゴルゴラインが目立つほうなんです。

ルゴラインのできる仕組み

ゴルゴラインは、表情筋など筋肉が衰え、たるみが生じることによりみられる症状です。

その原因は加齢ですが、構造的に目が大きい人、目の下の筋肉が少ない人は、ゴルゴラインが目立つ傾向にあるようです。

また、生活習慣としては、

  • パソコン、スマホなどで目を酷使する
  • 姿勢が悪い、猫背
  • 疲れやすい人
  • タバコ
  • 紫外線

などが、ゴルゴラインができやすいそうです。

私はのっぺりとした凹凸の少ない顔で、パソコンを1日中みて目を酷使し、姿勢の悪い猫背な人なので、これはゴルゴラインができるべくしてできた、みたいな典型的は人間のようです。

+イクロニードルパッチ(ヒアロディープパッチ)をほうれい線につかってみた

いくらほうれい線が目立たないからといって、私もぜねんないわけではありません。

50才を過ぎて、肌の乾燥がひどい時などは、かなり目立つことも多くなりました。

ということで、ちょっとひどくなった日にマイクロニードルパッチ(ヒアロディープパッチ)をほうれい線につかってみたのです。

まず、洗顔後十分に保湿をしました。

というのも、マイクロニードルパッチは、肌の水分に固まっているヒアルロン酸が溶け出すので、十分の水分がないとせっかくのヒアルロン酸が溶けてくれない可能性があるからです。

ですが、油分には弱いので、乳液やクリームなのどの油分が含まれた化粧品を使う場合は、程々にしておき、化粧水多めにお手入れをするのが、マイクロニードルパッチをより効果的に使うことができます。

また、肌に水分や油分が残ったままだと、パッチがきれいにくっつかず、剥がれてしまうこともあるので、十分に浸透させて、肌がサラサラな状態になってからマイクロニードルパッチは貼りましょう。

資生堂のナビジョンHAフィルパッチの場合、化粧水のみを使用し、浸透後にHAフィルパッチを貼り、貼っていない部分を避けて、後から乳液などは塗布してくださいという商品もあるので、使い方はよく読んで、最大限の効果がでるようにしましょう。

こちらがいつものお手入れ後、マイクロニードルパッチ(ヒアロディープパッチ)を貼る前の私のほうれい線です。

ほうれい線はそこまで目立ちはしませんが、小鼻の横の溝はかなりくっきりと刻まれていて、影がでています。

頬がたるんでいるのが明らかですね。

そこに、ヒアロディープパッチを貼りました。

ヒアロディープパッチは針の本数が少なく、面積は小さいですが、ほうれい線の部分にちゃんんと晴れる形状で、小ささは私は特に問題ないと思いました。

最初はチクリとしますが、すぐにその痛さもなれ、その後じんわりとジンジンとしてくるのです。

その時に角質層内にヒアルロン酸が溶け出し、広がっていっているという実感があります。

そして朝まで貼った状態がこちら。

針の部分が貼った直後はわかりましたが、この時点ではすっかり溶けて見えなくなっています。

はがしてみると、単にふやけているだけ?

いや、ふっくらしているの?

と思ったのですが、洗顔して化粧水などをぬると、ちゃんとふっくらしていました。

こちらが洗顔後のほうれい線です。

もう一度ヒアロディープパッチを貼る前の画像を載せますが、気になっていた小鼻のした辺りの、影が気にならなくなっている感じがします。

一時的な効果だとしても、これはかなり嬉しい結果です。

ゴルゴラインにもつかってみた

上のと同じ時に、ほうれい線よりもさらに気になっていたゴルゴラインにヒアロディープパッチを貼ってみました。

こちらが貼る前の私のゴルゴラインです。

目と目の間のくぼみの部分から、くっきりと線が伸びています。

まさにゴルゴ30・・・

これ、本当にいやなんですよね。

一生懸命保湿に励んではいるのですが、ちっとも解消されないんです。

そこに、ビシッとマイクロニードルパッチ(ヒアロディープパッチ)を貼ってやりましたよ。

「明日にはこの線消えろ~」と念じながら。

形状的にちょっとアールがついているヒアロディープパッチですが、まっすぐ伸びているゴルゴラインの上に貼ることができました。

そして翌朝、剥がしてみると

「あれ?昨日あったゴルゴラインは!?」

これは最初本当に驚きました。

こっちが貼る前

いくらマイクロニードルパッチ(ヒアロディープパッチ)が角質に行き渡って肌をふっくらと上げてくれるといっても、真皮の部分から折れ曲がっているゴルゴラインがどうにかなるなんて、信じられません。

さらによく観察してみると、使う前は丸く囲った上の方に、つながり毛穴による、細かい小じわが無数にあるのですが、貼った後の写真はきれいになっています。

これって、マイクロニードル以外の部分にもヒアルロン酸が行き渡り、肌をぐぐっとなかからお仕上げて、小じわも目立たなくなったようです。

マイクロニードルパッチは貼った以外のとこも広がってくれるのですね~。

なぜ、ほうれい線やゴルゴラインがきれいになったのか?

冒頭にも書きましたが、ほうれい線もゴルゴラインも、真皮にあるコラーゲンやエラスチン繊維が崩壊して、そのにくぼみができている状態です。

もしくは、筋組織自体が緩んでいる状態です。

そんなひどい状態に、肌の一番上の組織である角質層にいくらヒアルロン酸を与えても、ほうれい線やゴルゴラインが改善するわけがありません。

では、なぜ私は翌日、あれだけ実感できたのでしょうか?

おそらく私の肌は、水分量が少なく、萎んだ状態だったのでしょう。

そして、そこにヒアルロン酸が角質層にブワ~っと広がり、角質層の奥深くからぐぐっと持ち上がって、肌がふっくらとしたのです。

で、表面がふっくらとすることによって、真皮の部分の折れ曲がりが一時的に目立たなくなっていた、と考えられます。

そう、一時的に、なんですよね。残念ながら。

マイクロニードルの口コミをみていても、多くの方が、その効果が1日~数日でなくなってしまう、と書かれていまし。

まとめ

ヒアルロン酸の針でできている、マイクロニードルパッチは、あくまでも一時的に、ほうれい線やゴルゴラインを目立たなくしてくれことしかできません。

本格的にほうれい線、ゴルゴラインを解消したいのであれば、美容皮膚科などの医療機関で、ヒアルロン酸注射などの医療行為をうけるのが一番の近道です。

あ、でもヒアルロン酸注射もその効果は数ヶ月~半年と言われていますので、一時的ですよね。

注射などの医療行為を受けるには、それなりのお金も必要ですし、内出血するなどのリスクもあります。

また打ちすぎることによって、顔がパンパンに、なんてこともありえます。

そういった意味では、リスクなく使えるマイクロニードルパッチは、同窓会や食事会など、明日は絶対気合いれたい!というときに使えるアイテムとして利用するのも良いと思います。

マイクロニードルパッチは、即効性があって効果は一時的ですが、ほうれい線やゴルゴラインが気になる時には最適です。

また、私もヒアロディープパッチを数ヶ月使ってみたのですが、徐々にですが内側からふっくらしてきて、いつのまにか、それまで気になっていたほどではなくなってきたのです。

おそらく、角質層内の水分量が増え、肌が元気になったおかげで、肌のリズムが整ったので、肌内部のコラーゲンやエラスチン量が増えたからだと、考えています。

ほうれい線やゴルゴラインにお悩みなら、明日すぐに結果が見える、マイクロニードルパッチ一度試してみてはいかがでしょうか?